AIカメラによる交通量解析サービス
車両や歩行者などの全国の道路交通量調査の観測区分に対応し、範囲指定解析のモデルを設計。
プライバシー保護・顔検知・人体検知・IVS・車両、人数カウント
世界トップレベルのAI解析技術

AIカメラによる交通量解析サービス
AI DRIVEは、官公庁・自治体の道路交通量調査支援を行う専門調査会社との、 AIによる交通量解析サービスの実証実験を実施中です。
車両や歩行者などの全国の道路交通量調査の観測区分に対応し、範囲指定解析のモデルを設計。AI機能はプライバシー保護・顔検知・人体検知・IVS・車両、人数カウント等。
交通量の多い地域における道路交通量調査業務、調査データの集計業務の効率化および調査サービスの向上にむけて、カメラを通じて収集した映像データを利用し、AIで道路交通量を分析することにより人手不足解消、業務効率化、コスト削減の実現を目指します。

AI-DRIVE-TEXT-LOGO.png
数多くの分野でリードする技術
07.png
AI 人工知能
  • 動画メタデータ

  • 認識

04.png
セキュリティ技術
  • 物理的なセキュリティ

  • システムセキュリティ

  • アプリケーションセキュリティ

  • サイバーセキュリティ

  • データセキュリティの 多層防御システム

05.png
ビッグデータ
  • 人間と車両ビッグデータ用のプラットフォーム

03.png
動画クラウド
  • クラウドストレージ

  • クラウド認識

  • ストリーミングエンコーディング技術

08.png
伝送技術
  • 5G広帯域伝送技

  • HDCVI 同軸伝送技術

06.png
光学技術
  • 光学レンズ設計

  • 温度補償

  • 光学フォグ低減

  • 光学式画像

  • 安定装置

01.png
組み込み
ソフトウェア技術
  • 組み込みソフトウェア技術 組み込みソフトウェアに基づくシステムとアプ リケーションのモジュール設計、製品とソフト ウェアの迅速かつ安定したリリース

02.png
AV信号処理
  • スマートイメージ

  • 超高解像度

  • SP

  • スマートエンコーディング

  • 指向性サウンドコレ クション

  • 認識とアプリケーション

10.png
組み込み
ハードウェア技術
  • ハードウェアモジュール開発

  • 構造設計

  • 熱設計

  • D設計

  • 信頼性設計

  • その他の技

AI機能は製品化される前、幾千の映像データを独自のアルゴリズムで解析し、学習させ、最終的に人間に近いロジックで判別がつくことでございます。この数年間凄まじく発展し、人の代わりに応用できる精度になっています。
主要製品&特長
セキュリティは365日、24時間絶えずに防犯監視し続けなければなりません。もれなく人間の目で見続けるのは限界があります。AIが人の代わりに見てくれて、即座アラーム通知もしてくれれば警備の負担がはるかに軽減します。またスマートシティの近未来を想定し、人々の生活を支える重要な役割だと考えられます。
SMD Plus
(スマートモーション検知+)
AI機能に飛躍的に精度を向上する最新技術です。無関係な動き検出が発生した場合に誤報を大幅にフィルタリングし、誤報率を僅か3%に大幅下げました。もう一つの利点は、アラームターゲットを分類し、人や車両からの侵入を迅速に確認できます。,リアルタイムでアラームを送信することが可能です。警備の負担を大きく減らします。
周囲警戒
監視画面に仮想な境界線か領域を展開し、人、車両、動物を対象に設定し、領域侵入された場合、警報を発します。警報は現場の監視カメラから光か音声で出せます、また監視センター、スマホへ通知可能です。
ピープルカウント
店舗、施設など来客数を統計する機能です。人の顔を認識したうえでの来場人数計算機能ですので精度が高いです。スタッフは事前に顔を登録すれば、カウントに入れません。また来場者の年齢、性別、来場時間などのパラメータを加え無料の専用ソフトで一目瞭然にグラフィック化できます。経営判断に役立ちます。
ヒートマップ
d85039-21-a968693128615f8cef25-3.png
人数と滞留時間を統計し、グラフィック化する機能です。店舗、施設現場に各販売コーナーの人気度をマップにしてを見せます。
Crowd Map
(群衆マップ・密度)&Vehicle Density(車両密度)
群衆
​車両
遠距離でも個々を認識し、データとして抽出し、数字化できます。指定する範囲の人数上限アラームを設定可能で、密集を避けます。また車両の数量を観察でき、交通状況のデータを集計可能です。公共政策を策定に不可欠なツールでもあります。
顔認識2
(プライバシー機能付き)
数多くのAI機能は顔認識から派生しています。例えば、AI検索、顔追跡、人数統計、VIP認識、ブラックリストアラーム、不審者アラームなど、顔にモザイクをかけるプライバシー機能が付いています。
ビデオメタデータ
(人、車両)
対人
対車両
d85039-21-ae19aa85e6967d8fc1f6-4.png
特定な人物、車両を膨大な録画データから見つけやすいよう、属性分析のメタデータが付いています。人間は20種類以上、車両は7種類以上の属性で検索可能です。
デュアルレンズカメラ・行為監視
転倒検知
暴力検知
AIは人間の行為を認識しています。特定な行為に対し、自動的にアラームを出し、監視センターに通知します。下記の映像は青い枠が監視範囲となります。検知アラームを出す際、枠の色は赤く点滅します。他は異常接近、異常滞在などがございます。
サーモカメラ・モニタリング
(対人、対車両、火事)
長距離タイプですと対人間最大8キロ、対車20キロ、火災検知10キロで認識可能で、アラームも送信してくれます。例えば立ち入り禁止の線路内監視、山火事の早期発見などに役立ちます。
オートトラッキング
(対人、対車両)
自動追跡機能により、標的を見失うことなく、追い続けられます。
PFA
(予測フォーカスアルゴリズム)
すでに映り込んでいる監視画面をAIが学習し、フォーカスを変える際、いち早く画面を綺麗に見えるよう、変化します。
フルカラー 2.0
夜中あるいは暗い場所での防犯監視はIR方式が主流ですが、重要な色彩情報が失ってしまいます。大口径レンズと高感度センサのにより、真夜中でも正確な色彩情報を提供し、AI機能を十分に発揮させます。防犯をより一層万全になります。
製品一覧
Dahua-cloud-storage-video-surveillance.png
※詳細の在庫数に関するお問い合わせはお問合せフォームから承っております。

CONTACT

お問い合わせ

この度はお問い合わせメールをお送りいただきありがとうございます。
後ほど、担当者よりご連絡をさせていただきます。
今しばらくお待ちくださいますようよろしくお願い申し上げます。